FRBイエレン議長は本当に利上げできるのか

gf1120199505x

なぜ日本株は1万9000円まで駆け上がったのか

日経平均がついに1万9000円を突破した。終値ベースで1万8000円に乗せたのは2月16日だったが、それから一カ月もたたない内に1万9000円に乗せた。これは、圧倒的な外国人の先物買いが原因だ。

実は、1万8000円乗せに大きく寄与したのも、1月最終週の「先物5943億円の買い」だった。それが結果的に「単なる通過点」になったのは、2月16日らの第3週の前週である「第2週」に、5445億円と買いが続いたためだ。そしてその第3週に9236億円という圧倒的な買いが入り、さらに第4週の5246億円をバネにして、一気に1万9000円台まで駆け上がる土台が作られたというわけだ。

続きはコチラから
【引用元】東洋経済ONLINE

コラム:ギリシャ危機下の欧州景気「回復」は本物か=加藤隆俊氏

gf1060376717x

加藤隆俊 国際金融情報センター理事長/元財務官

[東京 12日] – 欧州中央銀行(ECB)スタッフの経済見通しが今月5日に上方修正されるなど、原油安やユーロ安を背景に、ユーロ圏の景気回復期待が高まっているが、先行きには幾多の紆余曲折があると見ている。ウクライナ・ロシア問題の影響もさることながら、足元で最も気がかりなのは、紛糾するギリシャ支援協議の行方だ。

続きはコチラから
【引用元】REUTERS

米国政府はこれ以上「ドル独歩高」を許さない

wz0010005346l

足元の為替市場でドル独歩高の傾向が鮮明になっている。ドル独歩高の主な理由には、世界経済の中で“米国一人勝ち”の状況になっていることがある。

 米国景気はしっかりした足取りで回復傾向を辿っており、懸念された労働市場の失業率も5.5%へと順調に下落している。それを反映して、米国の金融当局(FRB)は既に昨年11月に金融緩和策を終了し、今年6月以降、政策金利の引き上げを行うとの見方が有力になっている。

続きはコチラから
【引用元】DIAMOND online

上海外為市場=人民元が小動き、米雇用統計待ち

xf0025000527l

[香港 2日 ロイター] – 2日の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小動き。ドル指数の弱さを反映させるために、中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値を前日より元高に設定した。為替市場は方向感を求めて、3日の米雇用統計の発表を待っている。

人民銀はこの日の取引開始前に人民元の対ドル基準値 を1ドル=6.1396元と、前日の同値6.1434元に比べ元高/ドル安水準に設定。

人民元の直物相場 は1ドル=6.1945元で寄り付き、正午前の時点で6.1974元と、前日終値に比べ0.0006元の元高/ドル安水準。基準値に比べ0.94%の元安。

【引用元】REUTERS

12月1日の海外株式・債券・為替・商品市場

euro-145386_640

  (ブルームバーグ):欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。
◎NY外為:ドルが5年ぶり高値から下落-上昇行き過ぎとの見方
ニューヨーク外国為替市場では、ドルが約5年ぶり高値から下落。このところの上昇は行き過ぎとの見方が広がった。
ドルは主要16通貨の大半に対して値下がり。ブルームバーグ・ドル・スポット指数の相対力指数(RSI )は11月28日に70を上回った。同指数が70を上回ると相場反転につながるとの見方がある。ロシア・ルーブルなど資源国通貨の一部も安い。原油相場が5年ぶり安値を付けたことが手掛かり。円は一時7年ぶり安値に下げた後、上昇に転じた。ムーディーズ・インベスターズ・サービスは日本国債の格付けを引き下げた。
みずほフィナンシャルグループの為替セールス担当ファビアン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「米国や欧州、アジアで市場の認識を変えるような材料が出てくるまではレンジ内の取引となるだろう」と予想。「トレンドはなおしっかりと保たれている。ドルは上昇すると引き続き考えている」と述べた。

続きはコチラから
【引用元】ブルームバーグ