欧米為替見通し:米国経済指標、FRB高官発言、中東&ギリシャ情勢に要警戒

By: senov

本日31日の欧米市場のドル・円は、ロンドンフィキシングでの期末・年度末に伴う売り買いに警戒しつつ、4名の米国連邦準備理事会(FRB)高官の発言、米国の経済指標及び雇用関連指標を見極める展開が予想される。

米国連邦準備理事会(FRB)高官の発言では、タカ派のラッカー米リッチモンド連銀総裁、メスター米クリーブランド連銀総裁、ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、そして、ハト派のロックハート米アトランタ連銀総裁による、利上げ開始時期の見解を確認することになる。

米国の3月の経済指標、そして雇用関連指標が改善していた場合は、3日に発表される米国の3月雇用統計への期待感が高まることで、ドル買い要因となる。

続きはコチラから
【引用元】マイナビニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です