米国政府はこれ以上「ドル独歩高」を許さない

wz0010005346l

足元の為替市場でドル独歩高の傾向が鮮明になっている。ドル独歩高の主な理由には、世界経済の中で“米国一人勝ち”の状況になっていることがある。

 米国景気はしっかりした足取りで回復傾向を辿っており、懸念された労働市場の失業率も5.5%へと順調に下落している。それを反映して、米国の金融当局(FRB)は既に昨年11月に金融緩和策を終了し、今年6月以降、政策金利の引き上げを行うとの見方が有力になっている。

続きはコチラから
【引用元】DIAMOND online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です