スイスフラン・ショックの教訓 為替レートに介入する難しさ

px0010094249l

日々刻一刻と変化する為替相場。世界では変動相場制を採用する通貨が主流だが、中央銀行の介入によって事実上の固定相場制を採用する通貨もある。そうした中で今年1月15日に起こったのが対ユーロでのスイスフラン相場の急変だ。そこから読み取れる為替の教訓について、かつて米証券会社ソロモン・ブラザーズの高収益部門で活躍した赤城盾氏が解説する。
 * * *
 峻厳な国境に守られ、永世中立と銀行員の守秘義務の堅持を国是に掲げるスイスは、200年来、世界中から、とりわけ、地続きの欧州諸国から、危機に瀕した富の逃避する地であった。
 今風にいえば、スイスフランと日本円は、世界の外為市場における二大リスクオフ通貨である。2008年のリーマン・ショックに続いて2010年から深刻化した欧州金融危機は、当然、スイスフランのユーロに対する急騰を招いた。

続きはコチラから
【引用元】ガジェット通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です