円安加速と購買力平価-98年以来の円買い介入の可能性を考える

money-319046_640

(現在の円ドル水準はかなりの円安、120円超えで円買い介入は現実味)

為替市場で久々に介入、しかも円買い介入を意識しなければならない局面に来ている。

2012年12月のアベノミクスから円ドルレートは円高トレンドを脱し、急速に円安が進んだ。黒田日銀による異次元緩和という要因もあるが、円ドルレートの反転時期は、米国経済がリーマンショック後の大底を打ち、ドルの実質実効レートが反転した時期と一致する。

今後も日米の金融政策の方向性は真逆だ。米国は今年も寒波で経済活動が停滞するとの懸念があるが、ファンダメンタルズは強い。米国の利上げがこの先にあるというシナリオが崩れない限りドル高・円安のバイアスは弱まりそうにない。

続きはコチラから
【引用元】ハフィントン・ポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です