【12/2 為替展望】日本国債格下げでリスクオフの円高 本日はイエレンFRB総裁講演

PPC_1manensatu4mai500-thumb-750x500-1062

昨日の東京市場で、ドル円相場は前週末のドル高の流れが持続し、2007年7月以来の高値を更新し、119円台を示現した。
 ただ、ロンドン時間には、米格付会社のムーディーズが、日本の政府債務格付けを引き下げると、リスク回避の円高の動きと、中長期スパンでは日本の財政懸念が円安要因になるという見方が交錯し、値動きの荒い展開が続いた。
 ニューヨーク時間は、米債利回り低下や原油先物相場の反発を背景にドル安が続き、ドル円は117円87銭まで下落したが、米国の11月の製造業総合景況指数が、58.7で市場予想を上回ると下落分を埋めにいく展開に。118円30銭台でニューヨーク時間の取引を終えている。

続きはコチラから
【引用元】ZUU Online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です