FRBイエレン議長は本当に利上げできるのか

gf1120199505x

なぜ日本株は1万9000円まで駆け上がったのか

日経平均がついに1万9000円を突破した。終値ベースで1万8000円に乗せたのは2月16日だったが、それから一カ月もたたない内に1万9000円に乗せた。これは、圧倒的な外国人の先物買いが原因だ。

実は、1万8000円乗せに大きく寄与したのも、1月最終週の「先物5943億円の買い」だった。それが結果的に「単なる通過点」になったのは、2月16日らの第3週の前週である「第2週」に、5445億円と買いが続いたためだ。そしてその第3週に9236億円という圧倒的な買いが入り、さらに第4週の5246億円をバネにして、一気に1万9000円台まで駆け上がる土台が作られたというわけだ。

続きはコチラから
【引用元】東洋経済ONLINE

コラム:ギリシャ危機下の欧州景気「回復」は本物か=加藤隆俊氏

gf1060376717x

加藤隆俊 国際金融情報センター理事長/元財務官

[東京 12日] – 欧州中央銀行(ECB)スタッフの経済見通しが今月5日に上方修正されるなど、原油安やユーロ安を背景に、ユーロ圏の景気回復期待が高まっているが、先行きには幾多の紆余曲折があると見ている。ウクライナ・ロシア問題の影響もさることながら、足元で最も気がかりなのは、紛糾するギリシャ支援協議の行方だ。

続きはコチラから
【引用元】REUTERS

西村内閣副大臣:為替動向、TPP交渉への影響ない-インタビュー

gf1770028024l

(ブルームバーグ):経済再生を担当する西村康稔内閣府副大臣は円安傾向にある現在の為替動向が米との環太平洋連携協定(TPP)をめぐる交渉に大きな影響を与える可能性を否定した。円安は日本経済全体にとってはプラスとの見方を示した。
5日のブルームバーグ・ニュースとのインタビューで語った。西村氏はTPP交渉への「参加を表明してからこの2年間、為替は動いている」と指摘。その上で、「今の段階で為替の動向が交渉に大きな影響を与えていることはない」と語った。

続きはコチラから
【引用元】Bloomberg.co.jp

ギリシャ、財政改革案を再提出 来週にも協議入り

kt0010000142w

 

【ブリュッセル=森本学】ギリシャ政府は1日、金融支援の継続に必要な財政改革を巡って、新たな改革案を債権者の欧州連合(EU)などへ再提出した。EUなどがより具体的で実効力のある改革を求めているのに応じた格好だ。来週にも、EUや国際通貨基金(IMF)などと本格的な協議に入る見通しだ。

続きはコチラから
【引用元】日本経済新聞

米国政府はこれ以上「ドル独歩高」を許さない

wz0010005346l

足元の為替市場でドル独歩高の傾向が鮮明になっている。ドル独歩高の主な理由には、世界経済の中で“米国一人勝ち”の状況になっていることがある。

 米国景気はしっかりした足取りで回復傾向を辿っており、懸念された労働市場の失業率も5.5%へと順調に下落している。それを反映して、米国の金融当局(FRB)は既に昨年11月に金融緩和策を終了し、今年6月以降、政策金利の引き上げを行うとの見方が有力になっている。

続きはコチラから
【引用元】DIAMOND online

スイスフラン・ショックの教訓 為替レートに介入する難しさ

px0010094249l

日々刻一刻と変化する為替相場。世界では変動相場制を採用する通貨が主流だが、中央銀行の介入によって事実上の固定相場制を採用する通貨もある。そうした中で今年1月15日に起こったのが対ユーロでのスイスフラン相場の急変だ。そこから読み取れる為替の教訓について、かつて米証券会社ソロモン・ブラザーズの高収益部門で活躍した赤城盾氏が解説する。
 * * *
 峻厳な国境に守られ、永世中立と銀行員の守秘義務の堅持を国是に掲げるスイスは、200年来、世界中から、とりわけ、地続きの欧州諸国から、危機に瀕した富の逃避する地であった。
 今風にいえば、スイスフランと日本円は、世界の外為市場における二大リスクオフ通貨である。2008年のリーマン・ショックに続いて2010年から深刻化した欧州金融危機は、当然、スイスフランのユーロに対する急騰を招いた。

続きはコチラから
【引用元】ガジェット通信

上海外為市場=人民元が小動き、米雇用統計待ち

xf0025000527l

[香港 2日 ロイター] – 2日の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小動き。ドル指数の弱さを反映させるために、中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値を前日より元高に設定した。為替市場は方向感を求めて、3日の米雇用統計の発表を待っている。

人民銀はこの日の取引開始前に人民元の対ドル基準値 を1ドル=6.1396元と、前日の同値6.1434元に比べ元高/ドル安水準に設定。

人民元の直物相場 は1ドル=6.1945元で寄り付き、正午前の時点で6.1974元と、前日終値に比べ0.0006元の元高/ドル安水準。基準値に比べ0.94%の元安。

【引用元】REUTERS

ロンドン外為2日 円は対ドルで小反落

wz0010005588l

【ロンドン=欧州総局】2日のロンドン外国為替市場の円相場は小反落。前日終値に比べ10銭円安・ドル高の1ドル=119円70~80銭で引けた。

 午後に発表された週間の米新規失業保険申請件数が予想以上に減少したことを受けて、ドル買いが進行した。ただその後、ドルは伸び悩んだ。

 円の対ユーロ相場は大幅反落。同1円50銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円20~30銭で引けた。

 ユーロは対ドルで大幅続伸。前日終値に比べ0.0125ドルユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.0875~85ドルで取引を終了した。

続きはコチラから
【引用元】日本経済新聞

欧米為替見通し:米国経済指標、FRB高官発言、中東&ギリシャ情勢に要警戒

By: senov

本日31日の欧米市場のドル・円は、ロンドンフィキシングでの期末・年度末に伴う売り買いに警戒しつつ、4名の米国連邦準備理事会(FRB)高官の発言、米国の経済指標及び雇用関連指標を見極める展開が予想される。

米国連邦準備理事会(FRB)高官の発言では、タカ派のラッカー米リッチモンド連銀総裁、メスター米クリーブランド連銀総裁、ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、そして、ハト派のロックハート米アトランタ連銀総裁による、利上げ開始時期の見解を確認することになる。

米国の3月の経済指標、そして雇用関連指標が改善していた場合は、3日に発表される米国の3月雇用統計への期待感が高まることで、ドル買い要因となる。

続きはコチラから
【引用元】マイナビニュース

【外国為替】ドル反落、軟調な米経済指標受け

By: senov

 27日の外国為替市場では、ドルがユーロと英ポンドに対して反落した。米経済の成長鈍化や消費者信頼感の低下を示す経済指標が材料視された。

 ユーロは1.0899ドルに小反発し、ドルに対し週間ベースでは0.7%上昇した。英ポンドは1.4879ドルに値上がりしたが、週間では0.4%安となった。

 ドルはこの日も主要通貨に対し狭い値幅での動きに終始した。ただこの日は、2014年10-12月期国内総生産(GDP)確報値(季節調整済み)が前期比年率換算2.2%増と従来発表通りで、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ時期を慎重視する見方が投資家に戻った。市場では、年率2.4%増への上方修正が予想されていた。

続きはコチラから
【引用元】THE WALL STREET JOUNAL

1 2